結婚式招待状のペーパーアイテム。オリジナルデザインを各種取り揃えております。

  • よくあるご質問
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

ペーパーアイテム豆知識

ウェディング・ペーパーアイテムづくり15年の経験を生かし、ペーパーアイテムに関する
準備の時期・しきたり・マナーについてご紹介します。

  招待状について   メニューについて   席次表について   席札について  

メニューについて

招待状についてのポイントをまとめました。
大切な日の準備、だからこそしっかりとポイントを押さえておきましょう。

準備の時期と注意点

ご両家でお料理を決定して、各結婚式場、ホテル等で打ち合わせが済み、メニュー原稿をもらったら作業に入ることが出来ます。
挙式日の1ヶ月前までには、ご両家でお料理を決定し、メニュー製作しないと、忙しくなります。

各結婚式場、ホテル等で記載等の決まりごとは招待状や席次表に比べて少ないが、必ず配布されたメニュー原稿を見て、製作しましょう。
校正原稿を各結婚式場、ホテル等で確認してもらってから印刷に入ると確実です。

2つの方法のメリット&デメリット
  メニューと席次表を別々に用意する場合 メニューを席次表の中に冊子にする場合
メリット ・ 伝統的な方法で印象がよい。
・ 着席するまで、メニューがわからないので、会場で
  お料理の話がはずむ。
・ 披露宴会場に設置されるので、テーブルコーディネートが
  華やかになる。
・ メニューカードよりコストがかからない。
・ ペーパーアイテムがひとつにまとまるのでかさばらない。
デメリット ・ 席次表組込メニューよりコストがかかる。 ・ 最近はやりの略式スタイル
メニューのポイント
Point1 各結婚式場、ホテルで設置のため、紛失や汚れたりした時のために2〜3部の予備を用意しましょう。
当日あわてずにすみます。
   
Point2 各結婚式場、ホテルの担当者にも1部渡しておくと安心です。
以前は、メニューと言えば、メニューだけを印刷したカードを指しましたが、今日では、席次表の表紙の中にメニューを印刷した中紙を入れて、冊子にしてしまう方法(席次表組込メニュー)もあります。
席次表組込メニュー。写真奥から3ツ折、2ツ折
このページのTOPへ戻る

Copyright (c) Papreitem e-shop Co.,Ltd. All Rights Reserved.